タクシー運転手の仕事、一生懸命がんばります。


by l20e9natd5

与謝野氏論文で余波=自民(時事通信)

 自民党の与謝野馨元財務相が月刊誌で谷垣禎一総裁ら執行部の刷新を唱えたことの余波が9日も続いた。党の結束を乱したとして与謝野氏への批判が広がる一方、党三役の交代を求める意見も出た。
 谷川秀善参院幹事長は記者会見で「総裁の任期は3年だ。5カ月しかたってないのに何を言うてんだ。反省してもらいたい」と批判した。
 伊吹文明元幹事長も党本部での会合で、昨年7月の東京都議選惨敗後、当時麻生内閣の閣僚だった与謝野氏が石破茂政調会長とともに麻生太郎首相に自発的辞任を直接迫ったことに触れ、「もう彼も2度目だ」と不快感を表明。同席していた与謝野氏に近い園田博之幹事長代理が「単なる内紛ととらえるべきではない」と反発する場面もあった。
 一方で、伊吹氏は「後ろから鉄砲を撃つのはけしからんと言う前に、執行部はなぜ撃たれるのか謙虚に反省すべきだ」と執行部にも苦言を呈した。河野太郎国際局長ら中堅・若手が党本部で開いた会合では、谷垣氏に党三役の交代を求めるべきだとの意見が出た。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
放水なんのその鉄人28号、迫力に歓声(読売新聞)
「補償費肩代わり」認定へ=沖縄返還、密約断定はせず−有識者委(時事通信)
普天間、絞り込みに着手=社民・国民新、8日に移設案提示(時事通信)
<路面電車>復活を 北九州市議会で勉強会(毎日新聞)
[PR]
by l20e9natd5 | 2010-03-11 13:04